彫金

金属工芸の技法として、大きく3種類に分類できます。それは、鋳金・鍛金・そして彫金の3つです。
鋳金とは、鋳型と呼ばれる型の中に溶かした金属を流し入れていく技法です。
鍛金とは、金属を叩き上げることにより模様をつけていく技法です。
そして彫金とは、専門の道具を使用して金属を彫る・削るなどしてジュエリーを形作っていく技法です。ジュエリーやシルバーアクセサリーなどの製作のことを「彫金」と呼びます。

□彫金教室
アクセサリーやジュエリーなどを製作するための技術を磨くには、彫金教室に通うと良いです。
似たようなものとして、ジュエリーに関する知識を広げることができるジュエリー専門校というものがあります。しかし、ジュエリー専門校は彫金教室に比べ、彫金技術などを磨くためにかける時間が短いと言われています。
しっかりとした技術や知識を学び将来プロとして活躍したいのであれば、良い彫金教室に通うことが一番有効であると言えます。
選ぶ際に注意点として、受講時間や講師となる人の経験値、また将来のためにどのようなサポートがあるのかどうかなどをしっかり確認しておくことが大切です。
彫金教室によっては、人に教えられるほどの技術を持っていない人が経営しているところもあるため注意が必要です。

OUT LINK

独立開業を目指せる彫金教室なら:東京の彫金教室ベスト7

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし